きれいのタマゴ ホーム > ネイル > ネイリストのお仕事とは?

ネイリストのイラスト
Work Guide
ネイリストのお仕事とは?

ネイリストの仕事というとネイルアートをイメージしがち。もちろん、アートデザインやセンスは重要ですが、それとともにネイルケアの知識や技術により、お客様の爪、指先の健康を保つのも重要な仕事です。ネイルアートが一般化したこともあり、サロン数も増加傾向にあり、ネイリストを目指す人も増えています。

ネイリストのイラスト
仕事内容1:接客・ヒアリング

お客様の爪の状態をよく観察し、爪のお手入れ方法など、そのお客様に合った適切なアドバイスをしていきます。指先のマッサージなどを行うことも、爪の血行を良くするとともに、お客様をリラックスさせるためには有効な方法。
要望やイメージなどをよく確認したうえで、さらにひと工夫加えたアイデアやイメージを提案し、お客様にマッチするネイルアートを心がけます。

仕事内容2:爪のケア

ネイルアートを始める前に爪のお手入れをします。実作業としては、ファイルやハサミなどを使い爪の形を整え、甘皮を処理していきます。お客様の爪の状態によってはリペア(爪の修復)を施します。爪は皮膚の一部なので、適切な修復をするためには、爪の構造や皮膚に関する知識も必要。最後にベースコートを塗って、カラーリングを行うための準備を整えます。

仕事内容3:カラーリング

どんなネイルにしたいのかをよく確認した上で、必要に応じて新たなイメージや、最新のアートなどを提案していきます。要望を聞くことはもちろんですが、よりお客様にマッチしたアイデアを提案することもプロとしては必要。
そのためには、常に新しい技術や流行のネイルを勉強しておきましょう。仕上がりイメージの了解がとれたら、集中力を持ってカラーリングやつけ爪などを施しネイルアートを完成させていきます。


ネイリストになるには?求められる能力は?

ネイルの写真ネイリストになるためには、特に資格が必要というわけではありません。しかし、アートの技術とともに、指先の健康状態などを見極めて適切なリペアとアドバイスをしていく仕事なので、ネイルケアに関する医学的、科学的知識は。
また、サロンなどに就職するには、客観的なレベルの評価として「ネイリスト技能検定試験」などの資格を取得しておくと有利です。そのほか、お客様とのコミュニケーションを上手にとる力も必要。

ネイリストになりたいと思ったら
講座を検索  
ネイルの通学講座を探す ネイルの通信講座を探す